• 03 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 05
-m* days place-

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DCIM0075_981a.jpg

お久ぶりです。
お盆も終わり 8月も後半
皆さまは 素敵な夏をお過ごしでしたでしょうか?

私の夏はというと
お盆休みも無く お仕事お仕事な日々^^;

オーダーに追われてるとは言え
自分のペースを ここまで無視して
無我夢中で仕事してる私はめずらしい

きっと、あの日から何かしてないと
気持ちのコントロールができなかったんだと思う。

あの日・・・

お友達のKさんの愛犬Rちゃんが
私たちの目の前で、交通事故に、、、
一瞬に起こり得た悪夢
恐怖とパニック
今思い出しても 体が震えフラッシュバックに
襲われ、その時の状況はとても書く事が出来ない。

ただ
神様助けて・・ 祈る事しができない時間は
あまりにも長く、頭がおかしくなりそうで
怖くて 怖くてたまらなかった。

「命に別状は無い」
その事が確信できるまでの恐怖


事故当日 駆け付けた救急病院では
命には別状無いものの
頭を打っているため足に麻痺症状がでていて
もしかしたら半身麻痺が残るかもと言われたRちゃん。
Kさんの気持ちを思うと 言葉もかけれなかった。

でも、でも、
その後、Rちゃんは麻痺も残らず 元気に回復してくれたの;;
本当に本当に良かった;;

ただ、今もあの時の恐怖は、決して忘れる事はできず
もしあの時 数秒時間がずれてたら、、、
そう思うと あの状況で 不幸中の幸いだったのは
奇跡だったかもしれない。

事故の恐ろしさを目の当たりにし
この事故が起きた原因が何であれ
愛犬達を連れているのに
交通量の多いあの場所で、あの時間に
待ち合わせをした自分が、
悔やんでも悔やみきれなくて

少なからず 犬達の命を守る仕事に
携わってる自分を振り返り
心の底から反省した。
死ぬほど凹んだ。

飼い主のKさんはもっともっと辛かったと思う。

事故というものは
何時、誰に起こるかわからない。
先日、テレビで人気のワンコ
ZIPPEI兄弟が無くなったニュースもかなりショックでしたが
愛犬達を守ってあげれるのは、
やはり私達、飼い主しかいない。

Rちゃんの事故を 無駄にしないためにも
私も飼い主として、犬具職人としても
気を引き締めていこうと思う。

でも、Rちゃんが大事に至らなくて本当に本当に良かった;;

久しぶりの更新が
ハードな日記になってしまいましたが
自分自身と、愛犬家のみなさまに
何か大切な事を伝えたかったのだと思う。。。

読んでくれてありがとう。





関連記事
***

 m i u

Author: m i u
197*/03/10
革でいろいろ作ってますv
favorite...camera・wanko・hana
モノヅクリ..etc


   
現在、オーダーの受付、ご予約は
お休みさせていただいております。

オーダー、作品に関する
お問い合わせは
こちらからどうぞ■mail✉→


ココイガイノ イバショ
   ■Now*

当ブログ内
オリジナル作品の
模倣・転載・複製は
固くお断りいたします。


---------------------
掲載して頂いたBook









----------------------




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。